家庭用脱毛器ってどんな種類があるのですか?効果はありますか?

家庭用脱毛器には、いくつかの種類があります。種類によっては、それぞれメリットとデメリットがあります。また、効果はあるのでしょうか?家庭用脱毛器の種類をご紹介します。

脱毛を済ませ自信を持って脚を露出している女性のイメージ

家庭用脱毛器の種類

1.レーザータイプの家庭用脱毛器

レーザー脱毛は、エステサロンでも、専用のマシーンを導入することが法律上許可されていません。ですから、家庭用レーザー脱毛器は、安全性のために、レーザーの出力を極力抑えており、クリニックで行うような脱毛の効果は期待できません。

そのため、クリニックでの医療脱毛に比べると、効果をだすためには、時間をかける必要があるでしょう。さらに、クリニックでの医療脱毛と同様に、痛みも感じるようです。

氷などをあて、冷やした状態で照射すると痛みが多少減るようですので、根気強く続けていけば毛が細くなったり、薄くなったりなど、少しづつ効果が表れるようですが、まばらな状態にもなりやすく、医療脱毛のような完全なツルツル肌を目指すには相当な時間と根気が必要と思われます。

2.フラッシュ光タイプの家庭用脱毛器

レーザータイプの家庭用脱毛器とほぼ同程度の効果で、やはりこちらも医療脱毛程の効果は期待できません。レーザータイプの家庭用脱毛器との違いは、多少、レーザータイプよりもフラッシュ光タイプのほうが、広範囲に光が拡散するという特徴があります。

また、レーザータイプよりも肌に優しいともいわれています。その面で、レーザータイプよりもフラッシュ光タイプの家庭用脱毛器のほうがメリットがあるといえるでしょう。

3.サーミコン方式の家庭用脱毛器

サーミコン方式は、熱線により熱エネルギーを発生させて、ムダ毛をカットする方法です。熱処理で毛先を丸くするのでカミソリで剃った後のようなチクチク感はありません。

熱は毛に反応しますが、直接肌には触れないようになっているので、肌に優しく、やけどの心配もありません。ただ、レーザーや光タイプの家庭用脱毛器が、それぞれ毛根にダメージを与える機能があるのに比べサーミコン方式の家庭用脱毛器は、毛根にダメージを与えるのではなく、いわば「カット」する方式です。

したがって、レーザーや光タイプのもののように、永久脱毛のような効果は見込めず、定期的に処理を続けていくような方法です。

カミソリで剃るのに比べたら、利用するメリットがあるといえるでしょう。いかがでしたか?クリニックでの医療脱毛に比べ、費用も抑えられる家庭用脱毛器。

しかし、効果を出すには、それなりの時間と根気が必要です。痛みなどもあり、自分ではなかなか継続できずに、途中でやめてしまうと毛がまばらな状態になってしまうなど、不満も残る結果となってしまいます。

根気強く続けられるかどうか、検討してみて、自分にあった家庭用脱毛器を選択しましょう。

医療脱毛に行く手間と金額が省けそうな、家庭用脱毛器。はたしてその効果はどれくらい?